May 19, 2019

遊行寺

13日、前から行ってみたかった一遍さんの開基という遊行寺へドライブ。
一遍聖絵に描かれている、生き生きとした庶民像と一遍さんの姿が気になっていた。NHKの日曜美術館を見て刺激され、今日は時間が取れそうなので即出発。

テレビで保存会の踊念仏を見たけれど、あれじゃ無いなあ。一遍聖絵に窺われる狂乱の雰囲気が無い。お護摩供養とか黒人の教会音楽とか、恍惚の宗教への没入が有ったと思うのだなあ。

遊行寺はゆったりとしていて、歴史を感じさせるお堂や石碑も多い。参詣者はポツポツだが途切れず、生きて活用されているお寺さんだった。

私が昼間は大船のニコンで旋盤工をし、夜は藤沢の定時制高校に行っていた頃、藤沢もウロウロしていたのに来たことはなかった。もう50年も前になるのか。

| | Comments (0)

May 09, 2019

二人目の孫

長女が二人目の孫を身籠って、もう臨月に入った。もう2500gを越えているので、6月1日の予定日の前に産まれてもおかしく無い。

長女は腹が膨れているのに、子供を外で育てたくて、二歳の孫を毎日連れて歩いている。暇なのは私だけだし、なるべく負担を軽くしたいから、孫の面倒というか一緒に遊ぶことが多くなった。まあよく動くから、こっちは付いていくのが大変で、腰痛持ちの私には辛い。でも日々の成長が楽しみだし、電池切れのようにコトンと全身を預けてしまう寝顔が可愛い。温かさ、柔らかさ、堪らんねえ。

穏やかで明るい子だが、神経が繊細で遠慮するところがうちの家系かも知れない。傍若無人で人のおもちゃにも平気で手を出す子供が目に付くが、うちの孫は絶対にそんなことはしない。将来が心配だけれど、欲望をむき出しにするような人には育って欲しく無い。今の良いところを大事にしてやりたい。その上で、いつか自分の殻を破って自在に力強く生きていけるように、手助けをしてやりたいと思う。

それにしても、明日は保育園のお試し会に送り迎え、もう寝なくては。陣痛タクシーには依頼しているけれど、私も産まれるまでは禁酒して、万一に備える予定だ。

| | Comments (0)

May 01, 2019

母の七回忌

186378_2308038628_43large 186378_2308038629_35largeImg_5857 21日、母の七回忌というつもりで女房 と二人のお参り。
妹夫婦は奈良在住だし、長男は鈴鹿サーキット、長女は二人目の孫を身ごもり9ヶ月。とても親族集まって、という訳には行きません。まあ何かの折りにワイワイやれば良いと思う。
江戸時代からのお墓が、倉敷の田舎に有るのだけれど、親父は出征や事業失敗でまともに墓守りは出来なかった。親族が墓守してくれているが、とても頻繁に帰る訳には行かないし、女房と相談して地元に納骨堂を買った。
普通の墓地は雨など不便だし、今の納骨堂は施設も新しく豊かなのでここにした。今は親父とおふくろが入っているが、次は私だな。
時々みんなでワイワイやるきっかけになれば良いな、と思う。お墓というのはそういうためのものだと私は思っている。

| | Comments (0)

April 20, 2019

10年越しの桜

松戸近辺を女房と車で通りかかったら、物凄いピンクの桜吹雪。「すごいねえ、また来よう」と言ったのに、「あれどこだったっけ」で場所が分からずウロウロ。数年前「ここだ、ここだ」と分かったのだけれど早かったり散ってしまっていたり。やっと今日、八分咲きを見ることが出来た。桜という木、葉桜も綺麗だが、見頃の満開はほんの一二週間。10年ほど、見られないとまた来年来よう、とのんびり付き合ってやっと見られました。

この桜は八重桜らしく、染井吉野よりも二週間ほど咲くのが遅く、満開、桜吹雪は来週かな。花弁の色の濃さ、桜吹雪の重厚華麗さが素晴らしいのだが、なぜか誰もお花見していないのだ。女房とタップリ見せてもらいました。

来週、来られるかなあ。Img_3897_1 Img_3899Image_1

| | Comments (0)

April 07, 2019

桜に思うこと。

2日、小学校に続く桜並木を歩いてみた。都心ではずいぶん咲いているらしいが、五分咲き程度でまだまだ。

私が地元優先の考え方なので、息子と娘は中学卒業までこの桜並木を通ったのだった。共働きだったので、先に出勤する女房が準備した朝食を、子供に食べさせてから保育園に乳母車で連れて行くのが私の朝の仕事。二人だから八、九年間だったか。泣かれると会社に行くのが辛かった。

小学校に入ると自分たちで通うのだが、この道に彼らの喜びと悲しみ、成長が積もっているのだなあ。高校、大学、就職して、我が家が市川に根を下ろして35年になった。
結婚、出産した娘が、ここはお母さんが行った小学校なんだよ、などと孫に話しながら遊んでいるのを見ると、時代の変化を感じてしまう。

私は生涯現役主義だったのに、退職後、腰痛がひどくて仕事が出来なくなったが、その分孫と会う時間が増えてとても楽しい。金には代えられない喜びがあるねえ。

今日は女房と県議選の期日前投票をした後、ミニストップまで散歩。昨日から暖かくなって、真間川沿いの桜も八分咲き。来週には散るかな。
腰痛が治りかけた頃から、リハビリで杖をつきながら女房と散歩してミニストップでソフトクリームを舐めるのが夜の日課だった。冬は寒いので、今年は今日が初めて。だいたい6000歩コース。
仕事、子供のこと、うわさ話しなどをポツポツと話しながら歩くのはそれなりに楽しいものだ。最近は孫の話しが多い。孫の写真は掲載禁止なのでちょっと寂しい。

我が家では、私の方が先に死ぬのは決まっているのだが、あと12年、一回りで親父が亡くなった80歳になってしまう。早ええなあ。世の中には90,100まで元気な方もいるが、まあ80までだろうなあ。
子供や孫に何かを残して、自分のやりたいことを少しずつやって、コトンと逝ければ良い。望まれれば世の中を変えることでもやる自信はあるが、自分から何かをしたいと思うことは無いなあ、昔から。女房に先に死なれたり、ボケたり身体を壊すのは御免だなあ。

まあ今まで通り、その時の状況に合わせて、最善の行き方をしていけば問題は無い。「清く正しく美しく」は私のためにあるような言葉だ。それに「金は無いけど」がくっつくのは残念ではあるが。Img_5401

| | Comments (0)

April 03, 2019

元号

私は元号が嫌いではない。悪習で無ければ日本独自の文化は大事にしたいし、何もかも欧米化するのはおかしいと思っている。元号を主に、西暦を従として使えば何の不自由も無いだろう。

出典が漢籍でも国書? でも構わない。符号であり、たいていの言葉は慣れるものだ。
それにしても今回の令和。あまり好ましくは無いな。この令では、やはり、せしむる、というイメージが強く出て来る。同じ読みでも、礼なら良いのだけれど。

出典は万葉集というが、この書物は魅力的でもあり、実は素性の不明なものでもある。ちょうど今、古田武彦の「人麿の運命」を読み終えたのだが、彼曰く、万葉集は古事記と同じく近畿天皇家から禁書とされたもの。一二巻は奔放だが、それ以降はまったく保守本流の穏やかなもの。瀬戸内と九州の防人の歌は皆無。そこから論理的に推考して、人麿の死に様、これまでの歌の解釈を論難し、自論の九州王朝へと導いて行く。まったく推理小説を読むよりもスリリングだ。

つくづく思うが、私には古典の教養が無い。やはり岩波の注釈などを読んで満足していては駄目なのだ。古田さんの様に、原典、万葉仮名を読まなくては、馬鹿な注釈者に騙されるだけなのだ。大王という一語でも、原点にどう書かれているかによって意味が違って来るのだった。

元号も、近畿天皇家のもの以前に、私年号、九州年号など多々あるのに、研究者は少なく歴史学会は無視していることを何人が知っているのか。令和で大騒ぎする前に、深く年号と歴史を振り返って欲しいものだ。

| | Comments (0)

March 31, 2019

歴史民俗博物館

Img_3884_1Img_3884_1昼から晴れて来たし、雪まろげさんに貰った招待券が最終日になったので、リニューアルしたという先史・古代の第一室を見に行った。

高速は快適だったのに、館の入り口から駐車場までが大渋滞。いやあ、お花見に来ていたのだった。晴れて家族連れも多く、まあ仕方無いね。交通整理の小父さんと立ち話すると、今日は大変だよ、近くのチューリップ畑も綺麗だよ、とのこと。

リニューアル、うーん、一年近くの時間を掛けてこのレベルかなあ。無駄に広くて情報の無い導入部は、中の出来具合を予感させるものがあった。導線はブチブチ切れるし、展示内容がお粗末。写真に頼り、モノを並べているだけ。新しい情報が少なく、ちょっと偏っている。典拠を明確にして色んな学説を併記しても良いのに。何で漢書東夷伝しか展示しないのだろう、しかも説明無し。

変に復元家屋や人形が多い。金属器の復元模型が多かったが、これはまずい。出土品Img_3892_1 が10有れば、模型は1,2で十分。出来が玩具みたいにチャチなので、これでは逆効果だ。分かりやすさやエンタテインメントに対する考え方や技術が古臭い。

ほとんどオーディオビジュアルを使っていないのもびっくり。きちんと編集されたパネルと、動画での訴求は必須だがほとんど出来ていない。そう言えば、以前は館の最終部分にあったビジュアルルームが小さくなり個人ブースも少なくなっていた。以前見た時に、古いなあ、と感じたが、歴博には映像への意欲と努力が無いのかも知れない。今回はまったく期待外れだった。

その分、館外の桜が綺麗だったのが慰めだ。

| | Comments (0)

March 24, 2019

孫と週三日も遊んだ。

普段は女房が仕事休みの水曜日だけなのだが、今週は娘婿が土日居なく、その上二人目を妊娠8ヶ月の娘の調子が悪くて土日も孫を預かった。
無添加のお弁当を娘が作り、車で10分ほどのうちへ連れて来る。もう朝から大騒ぎだ。女房と三人で近くの公園でサッカー、石投げ、砂遊び。滑り台から走って行って鉄棒にぶら下がり。花を愛でて、下水の蓋の上を伝い歩き。もう目が離せず、危ない時には追っかけるが、それがまた面白いらしい。
うちに帰ると、ブラレールがお気に入り。最近はわざと脱線させて喜んでいる。新年会のビデオや、電車、踏切の動画もお気に入り。二階に上がるとトミカを引っ張り出したり、女房のエレクトーンを乱れ打ち。合間にオシッコをさせ、お弁当を食べさせ、上手くいけば昼寝。こっちも一緒に寝たりして。
洗面所での水遊びも最近のお気に入り。いつも何か無いかな、と探しているし、今までやったことは次々にやりたがる。可愛いものだ。
流石に二日続くとグッタリだが、楽しい。今度は何をしてやろうか、と考えて居て、先ほど娘の所へ送った後、ジョーシン電機でブラレールのMaxときを買ってやった。好きそうに言っていたので、こんど渡す時の喜ぶ顔が目に浮かぶ。女房は、またそんなの買って、とブーたれるが、実はユザワヤで生地や綿を買って来て、孫の枕や帽子、二人目の孫の抱き枕などを作ってやって悦に入っているのは君だ。

| | Comments (0)

March 23, 2019

ボルボの点検と久しぶりの飲み会

21日はブレーキランプの不具合をディーラーで見てもらった。やはりランプが切れかけていたために、警告表示が出ていたらしい。左右とも交換で三千数百円。ついでにワイパーとエンジンマウントも点検してもらったが、こちらは問題無し。待ち時間にXC40を見たら欲しくなる。金が無いなあ。
夕方から神田でMさんと飲み会。仕事していた時にリスマチックで一生懸命に担当してくれた。良い仕事、良い女に出会えれば良いなあ。なんだかんだ喋って楽しかった。今度はどこへ連れて行ってあげようかな。

| | Comments (0)

March 18, 2019

PCの初期画面写真

Windows10の初期画面の写真が気に入っている。
毎回、PCが勝手に変えているのだが、それが自然を映していてとても美しい。女房に言うと、彼女もいつもそう思っているらしい。お気に入りと画面で答えると、どんどんその手の写真が映される仕組みになっているようだが、まだ何も答えていない。

たまたまBingから写真を取っているとの表示が有ったので、ググってみたら、Bingとは、Microsoftが提供する検索エンジンの事だった。知らなかった。とにかく掲載される写真がとても綺麗で、私達夫婦の好みにドンピシャだった。人の写真ばかり見ても仕方ないけど、こっちの方も調べてみるか。

| | Comments (0)

«金沢文庫