May 19, 2018

親族と二日間。

昨日は奈良の甥っ子が、勤務地のタイから帰国して、ウチへ泊まりに来た。娘夫婦と孫も来宅して、手巻き寿司と酒と会話で楽しく過ごした。主役は孫で、皆から可愛がられた。一歳七ヶ月、性格も良いから可愛らしい。近くの公園に行ったら、小学生のお姉ちゃん達から遊ばせて、抱いても良いかとモテモテ。孫も女好きでニコニコして甘えている。お兄ちゃんは良いのだが、同年代の男の子とは対抗意識剥き出しで見向きもしない。まったく先が思いやられるが。
今朝は甥っ子を送り出した後、午後から女房と娘、孫の4人で錦糸町へお出かけ。ダイソーで買い物したり、錦糸公園で遊び、お茶して帰宅。旦那さんは甥っ子と入れ替わりにタイへ社内旅行なので、明日は、娘と孫は湯河原へお出かけらしい。元気なものだ。こっちは孫を追いかけるだけで一日があっという間。楽しい時間だけれど。

| | Comments (0)

May 07, 2018

片品飲兵衛キャンプ。

3日から5日まで、片品村へ恒例のキャンプ。片道200kmで一般道、関越、山道を走り、400kmで30リッターくらいだから燃費13km程度でまあまあか。
朝は渋滞を避けて11時過ぎに出発、帰りは昼前に出かけてほとんど渋滞なし。川場の道の駅やPAは駐車場混雑で寄らず、お土産なしだったが、高速は渋滞なしだと快適だ。
キャンプは相変わらず楽しいが、腰や膝の痛みはつらい。歳と不養生のせいだが、いつまで出来るかな。Dsc01981


| | Comments (0)

April 29, 2018

前田さんのお通夜

元蝶理の前田さんがお亡くなりになり、お通夜に参列した。81歳、東平会の新年会ではお元気だったのに、三ヶ月で旅立たれた。ヤクザな繊維業界で、バリバリ働いてらしたが、私とは一回り以上違うので仕事をご一緒する事は無く、後に私が東レに入社した課の集まりである東平会でお話しするようになった。
1976年に新入社員で入った課は、織物販売が仕事で、職人と言うよりもヤクザ、タコ部屋、一匹オオカミの群れ。当時は毎日辞める事を考えていたが、そこで私は鍛えられた、と今になって思う。その後、当時の課員と取引先の方々の懇親会、東平会が結成されて今に至っている。当時の課長は東レの社長になったが、この集まりでは穏やかな無礼講。何年経っても私が一番下っ端で、何十年経っても、年数回の集まりのアレンジをしているが、最近はとても楽しくやらせてもらっていた。
前田さんはヤクザな業界で実績を出されていても、常に紳士。若輩の私に対しても、普通にお話しいただき、いつも下働きをねぎらう言葉を掛けて下さるような方だった。だからお通夜だけでも参列させてもらおうと思うのだった。Img_3187
親父が死んだ時に、自分の葬式を考えて、mixi日記に書いた。2006年だった。
>
親父は大正末に生まれ、昭和の年月とともに生きた。戦争に行き、シベリアに抑留され、帰国してから私が生まれた。戦後の嵐の中でレッドパージも経験し、当時の最先端事業の印刷業で身を立てて行った。
一時は隆盛を極めたが社業が傾き、私が高校二年の時に会社をつぶしサラリーマンになった。両親は別居し、私は旋盤工となって家計を助けた。
親父は55歳から会社を興し、三十人ほどの社員を雇い、写植のプロとして零細企業を運営していた。
文士崩れ風で、酒も煙草も好き放題。でも月々の生活費は送ってくるような律儀なところがあり、好かれる人も多かったようだ。実は私も嫌いじゃないんだ。親父とたまに酒を飲むのは楽しかった。もっと昔の話を聞いておけば良かった。
葬儀は結構面倒だ。俺が死んだ時はどうしよう。常識は無視。通夜は一斗樽を三樽ほど持ち込んで、友達みんなに飲んで騒いで欲しい。あいつはこうだったぞ、とみんなで楽しくワイワイ騒いでもらうのが、私は嬉しい。
>
94421034_238
最近は、葬儀を公表せず親族だけで行う人が多くなったようだが、今夜の前田さんのお通夜のようにたくさんの人が参列して個人を忍ぶのが好みだ。それなりの場所で、特に導師の読経は必須事項。あの声を聞きながら、故人との思い出を振り返るのが良いと思う。そして集まった人たちがすぐに帰るのではなく、出来れば飲んだくれてワイワイ話して、朝まで居てくれる本当のお通夜が良いなあ。そして写真をいっぱい撮ってそれを持ち帰ってもらう。親族にも良い思い出。これはあの人だよ、と何十年か経って話しのネタにして欲しいと思うのです。

Img_6701

私はどれでしょう。中学一年だったか、母方の祖父の法事だった。

| | Comments (0)

April 27, 2018

キャンプ準備会という飲み会

先日18日、キャンプ仲間と水道橋で飲み会。来月3〜5日は片品でキャンプなので、その仲間達と。
もう10年以上、年三回のキャンプを楽しんでいる。
Photo


| | Comments (0)

April 21, 2018

女房と散歩・ドライブ

10時過ぎ、女房と道の駅いちかわへ散歩。開業二週間目で既にあまり入りは良くない。これと言って取り柄が無いし、立ち寄りが少なくなるのは予想出来る。まず売り物が少ない。農作物はネギと葉ものくらいしか無いし特産品も数えるほど。房総などから取り寄せているが、いかにもやっつけ。イタリアレストランが一つ有るが高い。カフェは、小さくて古臭くて高いクロワッサンサンドだけ。これじゃ最初から集客は見込めない。その他、窓の作り、トイレ棟との遠さなど、何考えているのかなあ、という欠点だらけ。まったく信じられないくらいお粗末。
夕方は、昔見た遅咲きの桜を探しに、六ヶ月点検し立てのボルボでドライブ。ソメイヨシノではなく、ピンクの賑やかな桜並木。毎年、行こうと言いながらつい行きそびれていた。今日はあっちでもない、こっちでもないとワイワイ言いながら、結局発見出来ず。仕方ないから道に有った丸亀製麺で夕飯。ふっと女房が、あっここここ小金原団地だよ、この近く。行ってみるとその通り。ここでした。残念ながら既に葉桜。今年は特に早かったものな。また来年の楽しみだ。

| | Comments (0)

April 15, 2018

テレビも面白い。

七時から「大改造!!劇的ビフォーアフター」。
柔道を究めようとする六姉妹を含め、十人が暮らす家を大改造。父ちゃんも稼ぐのは大変だろうが、母ちゃんも八人の面倒を見るのは想像を絶する。ウチは二人を育てて共稼ぎしただけで精一杯だった。この家族の希望を生かし、新しい生活を提供するのが設計士の腕。大工だった漫才のお姉ちゃんと格闘家だった魔裟斗が意外とリフォームの腕を見せて楽しませてくれる。
何しろ設計士の予想外の腕前で、家族の希望以上に出来上がるリフォームが快感。喜ぶ姿を見ていると、こちらまでウルウルしてしまう。飛脚の希望を引き出して、それを解消してお金を頂く。まさに私がやっていた仕事そのままだ。仕事とはこう有って欲しい。銭儲けだけでは仕事じゃないんだよ。

続いてミドル級村田の初防衛戦。今まで村田の、攻める時に攻めきれない情けないボクシングが大嫌いだったが、今日は違った。堂々と守り攻めて、決める時にビシッと決めた。良いジャブに加えて、もう少しボディブローの使い方を上手くやれば、統一チャンピオンもおかしくはない。頑張れ。

| | Comments (0)

April 08, 2018

大相撲と女性??

土俵上で市長さんがくも膜下出血で倒れた。
女性看護師さんが心臓マッサージをして救命されて良かったのですが、マスコミその他では女性が土俵に上がる事に対して姦しい。私はどちらでも構わないと思うが、取り決めとして女性を土俵に上げないという事が有ってもおかしくない。人類の歴史には色々有るのだ。
それにしても、女性問題などどうでも良く、裸の大男がぶつかり合う大相撲で、現場に一人も専門医師が居ない事の方が問題だと私は思うのですが。何もできない有象無象の男どもが土俵でウロウロしているから、観客の女性看護士さんが頑張ってくれた訳です。
男と女の問題に話しを持って行くマスコミがほとんどですが、私は格闘技に対する医療体制が一番の問題だと思います。本質的な議論がおざなりにされるのは日本人の特性か。ピントがずれてると思うのは私だけか。

| | Comments (0)

March 26, 2018

楽しく、そして疲れた一日

初孫は一歳五ヶ月。一日一日成長する。頭も座らず泣いていた児が、トコトコ歩き少し意思疎通も出来るように育って来た。自分の子供を育てていた時は公私ともに一生懸命で余裕が無かったが、退職して初孫と付き合う場合は余裕を持って観察出来る。この児は、人類何百万年の歴史を一人で繰り返しているんだなあと思う。

今日家へ来るというので、昨日女房とトイザらスに行き、アンパンマンのボール、シャボン玉鉄砲、初めてのプラレールという遊び道具を買って準備。
朝、迎えに行ってまず近くの公園でお遊ぴ。ボールを蹴り、シャポン玉を追いかけ、花をチョンチョン。石を拾い、石垣に昇り、水道の水で遊ぶ。可愛いけど追っかけに疲れるわい。家に来ると、プラレールを喜び、階段を上がってミニカーで遊ぶ。大きめのPTクルーザーを押して歩くのは予想通りだったが、10個有るトミカケースを、私の顔色を伺いながら叩くのは知恵が付いた証拠。ダメだよ、と言うとますますニタっと笑いながら繰り返す。こいつは悪戯っ子になるなあ。
子供は食って遊んで大小便を出してよく寝る事が仕事。なかなかスッキリと子供らしく育っていて、とても嬉しい。

その後、近所の、私の子供達が世話になった義姉夫妻の家に表敬訪問し、初孫と遊んでもらう。共働きの我が家は、彼らに面倒を見てもらい、両親が4人居るような育ち方をした。孫を連れて娘が訪問してくれるのはとても嬉しい事だ。この初孫はこれからどういう人生を歩むのか。せいぜい10数年しか付き合えないだろうが、やりたい事をやって、社会の役に立つ人間になって欲しいものだ。

娘と孫をマンションまで送った後、本八幡のヤマダ電気でP昨日壊れたPCの代替え品を購入。女房と二人で初期設定したが、まったくマニュアルが不出来で、取りあえずネットは繋がったが、オフィスインストールは明日に持ち越し。時代は進むのに、設定は昔より面倒になり、マニュアルは不親切。こりゃどういう事か、人間が劣化しているとしか思えないなあ。消費者の役に立つように、きちんと考えれば簡単な事なのに。

孫のお陰で楽しい一日だったが、腰は痛くなるし気を使ったが、実は運動不足の私には、毎日孫と付き合うくらいが身体には良いのだろう。
一方、PC設定との付き合いは気分が悪くなるだけ。明日はサッサとやっちまおう。最先端の道具なのに、初期設定が面倒で、5年ほどで壊れたり旧式になるようではメーカーとして恥じるべき事だと思う。時代は進み、若者は新聞テレビは見ずに、固定電話は持たないのが普通。PCよりスマホ一つで済ます世の中なのに、PCメーカーは旧態然として手をこまねいているとしか思えない。中でもWinの面倒さ、立ち上げの遅さは下の下。Macを津かつて見るととてもましだ。このままだと、私はMac党になってしまいそうだ。

さて風呂は入ったし、腰にシッブ薬を貼って、痛み止めを飲んでゆっくり寝るか。

| | Comments (0)

March 25, 2018

Win PC またまたダウン

夕方、息子のPCを借りてホームページの更新をしようとしたら突如画面がブラックアウト。微かに画面は見えるが、黒い画面は蘇らず、お陀仏らしい。7,8年経ったWin7だから寿命か。私のPCは半年前にダウン。まったく頭に来る。今残っているのは、女房のiPad、私のMacBook AirとiPadのみ。ホームページ作成はWinだし、息子はWinしか使えないので、明日Winを一台買うしか無いか。高いPCなのに、こんなに早く壊れるなんて、メーカーとして許せんなあ。

| | Comments (0)

March 15, 2018

人と会う

13日はシルバー人材センターで初仕事。と言っても一時間ほどの腰痛アンケートに答えて4000円。アンケートそのものがくだらなかったが、まあお金もらえるので普通に返答。18人の爺婆が集まっていたが、こんなアンケートで役に立つとは思えないけれど。
14日は東船橋で元ブルーオーシャンの高木さんと飲み会。お互い退職して、無事なんだから良しとするか。昔の四方山話で懐かしく楽しかった。またやろう。
今日は、元東レの畑中さんと大森でランチ。ずいぶん体調は戻って来ているようで、喋りは元通り。手足もずいぶん良くなって、歩けるようだ。時々、こうやってランチする事で、お互い散歩代わりになって良い。歳取るのはこういう事なんだなあ。

| | Comments (0)

«花粉症再発