September 19, 2017

片品飲兵衛キャンプ

もう13年ほど、年三回の二泊三日キャンプに行っている。
飲む、話す、散歩する、ドライブする、本を読む、20人ほどが好き勝手にやりたいことをする。小学生だった子たちも大きくなり、部活などで来られなくなって、大人キャンプになってしまった。
今回は16〜18日で台風が重なり、不安だったが雨天決行すると、意外や台風が片品を逸れて小雨程度。お陰で高速も空いていて快適だった。いつまで続けられるかなあ。そろそろテント生活もしんどくなって来た。

| | Comments (0)

September 15, 2017

千葉県立美術館

いちかわ新聞を見て、海洋堂のフィギュアを展示する千葉県立美術館「THE フィギュアINチバ」へ。
初めての美術館だが、県立というにはあまりにもお粗末なものだった。古臭く、壁面も酷いもの。ここに展示されたらアートもまがい物に見えてしまうぞ。
海洋堂のフィギュアは、秋葉原のショップに展示していたものと四万十の博物館から持って来たものだと思う。よく見知っているし、これだけ沢山並ぶと圧巻だ。ただ村上隆とボウメがコラボしたあのフィギュアが展示されていないのは残念だった。

| | Comments (0)

September 13, 2017

畑中さんと昼食会

ギランバレー症候群から復活して、リハビリに励んでいる畑中さんと大森中央病院のロビーで待ち合わせ、近況報告し、近くで昼食。杖を使い、ゆっくり歩くがずいぶん回復したようだった。会話は不自由なく、これからもリハビリを続ければ、元通りの身体に戻りそうだ。
まあお互いに歳だから、日常生活に不自由無ければ御の字。元気になって好きなことを楽しめるようになれば嬉しい。

別れてから、文士村を散策しようと思っていたが、スタート地点である天祖神社の階段の高さを見て止めた。腰の具合が思わしくないから、無理しない。また次回、調子良ければということで。

| | Comments (0)

浅草演芸ホール

昨夕、田原町で待ち合わせ、女房と浅草演芸ホールへ。
ここは初めてだったし、あまり大したことは無いだろうと思っていたらビックリ。名前の売れた芸人はいなかったが、レベル以上、なかなか聞かせてくれた。特にウクレレ漫談のピロキ、江戸物売りのどなたか、昭和漫談の桂幸丸は笑わせてくれた。中入り後、早めに退場して市川の日本海で夕飯。これならまた行きたいものだ。ただ、椅子が悪いなあ。厚手のビニールシート何だが、クッション性無く、二時間は苦痛だ。今度は楽だという二階席にしてみよう。

| | Comments (0)

September 06, 2017

サウジ戦

日本がサウジアラビアに1-01で負けた。岡崎、本田のベテランを起用して、BK陣はレギュラーで負けるなんて最悪だ。やはりハリルホジッチ監督はおかしい。
既にW杯の出場は決まっているのだから、レギュラー陣を使うなら絶対に勝って勢いを付けるべきだ。私はこういう時は若手に経験を積ませる良い機会にすべきだと思う。試合に出なくては経験にならないのだ。

本田は既に終わっているし、岡崎は実力が分かっているのだから、ベンチで声を出すだけで良い。何故久保を出さないのか、彼は今の日本を背負うべき選手。何故杉本を出して経験させないか、彼が大迫に代われるのか試さなくては。
何故吉田の代わりに植田を、長友の代わりに酒井豪徳を出さないのか。吉田、長友が怪我をした時のケアをしなくては。柴崎を出したのは良いが、彼が期待に答えられなかった。その積み重ねがチームの実力を底上げすると思うんだがなあ。

ベテランを使うのなら絶対に勝たねばならない。若手を試すために負けるのならそれは構わないのだ。ハリちゃんの考えが私には理解出来ない。筋道が通らないのだ。

| | Comments (0)

August 31, 2017

サッカーW杯出場決定

取りあえず良かった、出場決定。
はっきり言って、試合はそのものは、オーストラリアも迫力無いし、日本は相変わらず勇気の無い詰まらないモノだった。このままではW杯に出るだけで、予選リーグ敗退は目に見えている。ここから新しいチームを作らなくては。

一番良いのは、ハリルホビッチ監督を更迭して新監督を迎えることだ。選手起用と作戦が理に適っていないで、その場しのぎだ。どういうチームにするのかという理念が無いし、コロコロ選手を替えたり、古株に拘って使い続ける。今回、これまでほとんど出場していなかつた、浅野、井手口、乾が活躍したが、この大事な一戦に使うのなら何故今まで使わなかったのか。ベテランが調子悪いというのはいつでもあることなのだからこそ、準備するのが監督の仕事のはずだ。

選手で言えば、センターラインの長谷部、吉田が下手過ぎ。長谷部は三度も大事な所でボールを奪われるし、吉田は相変わらず一対一が弱い。酒井、長友も頑張っていたが、切れが無いなあ。
全体に、若返りが出来ず、平均年齢が高過ぎるし、個人技が見劣りする。逃げの横パスバックパスが多くて一人で抜いてゆく技術も気力も無い。トラップ、シュートの基本技が世界水準から劣る。大迫、原口は良くなって気力も有る。やはり若手主体でガンガン走り回るサッカーをやらなくては。オシムさんの標榜したポリバレントな選手が走り回る日本サッカーを見てみたい。あと一年で生まれ変わってくれい。

| | Comments (0)

August 30, 2017

想大は手足口病

数日前から、想大は手足口病だという。ウチの子たちは罹っていなかったので知らなかったが、熱が出たりブツブツが出たりするそうだ。想大は元気だというが、私たちにうつったり、それがまた想大にうつったり何てことを予想して、今日は会わないことにした。そうしたら、婿さんの実家に遊びに行ったらしい。何だかなあ、想大には会いたいのに。

そこでイクスピアリに行き、「BABY DRIVER」を見たが、私はあまり楽しめなかった。カーチェイスと音楽、が売り物なのだが、ストーリーが陳腐。世の中にはもっともっと過酷な人生も有るんだよ。暗くて独り善がりの映画はしんどいなあ。

私が東レで二年目の時の肥後課長が、心臓弁膜症の手術をされて、今はリハビリ中と知った。80歳で人工透析をされていたので、大変だったと思う。回復を祈るのみ。

| | Comments (0)

August 29, 2017

北朝鮮のミサイル

今朝、発射されてJアラートが鳴ったそうだ。
女房は敢えて私を起こさなかったが、それで良かったと思う。もうずいぶん前から、日本へのミサイル攻撃は可能で、いつ起きてもおかしくはない。アメリカがどうのこうのと騒いでいるマスコミが馬鹿なだけだ。攻撃に対して、日本がどう対抗するか、が重要なのに詰まらぬ説明だけしている。

イージス艦、PAC3では、B29を竹槍で落とそうとした日本軍と同じ。それをトクトクと報じるマスコミは太平洋戦争の時と同じ。日本人もいい加減自分の頭で考えろよ、と言いたい。

関東に打たれない限り、我が家で動くことは無いし、出来ることは無い。地震災害に備えて、非常食とキャンプ道具を準備し、家族が集まる場所を決めるだけ。それ以外は静観することしか出来ない。むしろ騒がないことが重要だと思う。

ABCD包囲網に反発して開戦した日本国が、北朝鮮への経済制裁を云々するのは如何なものかなあ。それで言うことを聞く人や国は無いんじゃないか。ここはピンポイントで独裁者を爆撃するしか無いか。我が国はアメリカ頼りの植民地なのだなあ。

| | Comments (0)

晴読雨読、ときどきドライブ

退職後、1年4ヶ月経った。
腰痛で動けなくなったり、前立腺肥大の手術をしたりで、体調は最悪だった。先輩から、「40数年の勤続疲労だからゆっくり養生しなさい」、と言われて納得、ここに来てやっとまともな身体に戻って来た。生涯現役を目指していたのに、とても仕事など出来る状態ではなかったが、これから少し仕事を探そうと思う。

友人たちは、「退職後は退屈するぞ」、と言ったが、実はまったく退屈していない。晴耕雨読ならぬ晴読雨読で、好きな本を毎日自由に読めるのは心地良い。昔から本が好きで、読むネタは尽きることが無い。
考古学、人類学、歴史に関して調べて考えること。博物、美術、建築、写真などを鑑賞すること。ハードボイルドや時代小説に没入して違う人生を味わうこと。これらが今の楽しみかな。

色んな本を楽しんだが、思いつくままに挙げてみる。
小学生の時、「平家物語」の哀れさに訳も分からず感動し、「上杉鷹山」の論理的な行動に感心した。
中学生の時、古本屋で見つけた「火星シリーズ」にエロスを感じ、空想の世界を漂っていた。
高校生の時、「ジャン・クリストフ」の文庫本を一冊ずつ買って読み、自らの苦境を主人公に託して、涙して心を慰めていた。
まともな考え方生き方が有る程度分かった時からは乱読。開高健、小田実、あたりから森浩一、藤沢周平、池波正太郎。楽しみから始まり、生き方を突き付けられる西原理恵子からの流れで勝谷誠彦、田尾和俊、不肖・宮嶋、橋田信介、鴨志田穣。ここ20年ほどはホームページに読書記録を残すようにしている。

退職後、図書館を活用するようになった。 市川中央、市川駅南口 曽谷公民館分室と近くに三つあり、意外に使い勝手が良い。我が家に無い専門書もあるし、古く汚れたものも有るが気楽に借りられる。ベストセラーは貸出待ちになるので、好きな本はやはり自腹を切って熟慮して買う方が実になる気がする。

図書館に有る本は、自宅に置かずブックオフに売ることにしている。身辺整理の積もりなのだが、ブックオフは、買う時は得した気分になるけれど、売る時は安くて腹立つなあ。もう本箱四つくらいは売った。残すかどうか分別していると、ついつい読み耽ってしまうのは、楽しいけれど困ったことでなかなか片付かない。

1〜2週間に一回程度、近辺をドライブしている。 博物館、水族館、サーキット 、名所旧跡、行く先は多々有る。車の運転そのものが楽しいし、車内は私のミュージックルームなのです。写真を撮り、ご朱印をもらい、そこの歴史を調べて記録する。その合間に、キャンプもしたいし、酒も飲みに行かなくちゃならない。それに最近は孫との遊びが加わった。
女房と長男はまだ働いているが、「晴読雨読、ときどきドライブ」、これを続けるのは悪くない。ただ金が入って来ないのはちょっとしんどい。アルバイトでも探そうか。

| | Comments (0)

August 28, 2017

公園散策、二つ

午前中、以前から気になっていた近場の公園に行って来た。
姥山貝塚公園はちまちまとした住宅地の中に結構広がっていた。高台にある縄文時代の貝塚で、当時は海の側だったのだろう。何も展示や資料が無く、勿体ない。

続いて行ったのは、大柏川第一調節池緑地。洪水時のため池にするらしい。立派なビジターセンターがあり、年寄りたちが歓談を楽しんでいた。30年ほど前、すぐ側の市民プールへ子供たちを連れてよく行ったが、その頃はこういう施設は無かった。

どちらも公共の施設だが、どうせ使うならもっと知恵を使って、役立つものにして欲しいものだ。このままでは勿体ない。暑くなって来たので退散。

| | Comments (0)

«騙すな、騙されるな